姉はヤンママ授乳中in実家&in熱海~ネタバレと感想~姉弟で不倫セックス

更新日:

 

姉はヤンママ授乳中25

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家~熱海

 

姉はヤンママ授乳中in実家~熱海 登場人物

・姉
ヒロインのアイカ25歳
子供2人
タクヤの姉
元ヤンキー

・弟
主人公のタクヤ
大学に通っている
姉のおっぱいが大好き

・姉の旦那さん
大輔
ガテン系の元ヤン
アイカ大好き

・姉の息子
ダイキ(小学生)
ユースケ(赤ちゃん)

 

姉はヤンママ授乳中1

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家〜熱海

 

姉はヤンママ授乳中in熱海(in実家の続編)第1話「海だーっ!」やってきましたリゾート旅行!姉の水着が眩しすぎ!ネタバレ

 

「海だあ〜!!」

タクヤと家族みんなでやって来た熱海の海。

はち切れそうなビキニを身に付けたアイカは、はしゃぎまくっている。

ー二児の母とは思えないな…ー

ムチムチとした姉のエロいボディに見惚れるタクヤ。

そもそも何故、突然熱海に来たかというと…

「大当たり〜!!」

数日前…

「特賞、熱海旅行券でました〜!!」

タクヤは抽選で福引券を当てる。

ー姉貴と2人で…ー

福引券が当たってもすぐには喜べなかった。

ダイキたちもいるし、アイカと2人きりで行けるわけないと思ったらテンションも

上がらない。

「ただいまー」

当たった福引券を背中に隠しながら家に入ったが、アイカにバレてしまう。

「あっ、何それ!当たったの!?」

タクヤから封筒を奪い、中から当たり券を取り出した。

「熱海旅行券!?」

当たり券を見たアイカは大喜びする。

「家族みんなで行けるじゃん!」

姉貴たちが行けばいいと思っていたタクヤだが招待人数に余裕があったため、アイカは家族みんなで行くことを提案する。

そして熱海に着き…

「いい宿じゃないか」

「ほんとね〜」

宿泊先に到着しユースケを両親に頼んだあと、アイカたちは早速海へ向かう。

「海行ってきま〜す!!」

…という流れでやって来た熱海の海。

ーみんな、俺に感謝しろよな…ー

海辺に座っているタクヤの隣へやって来たアイカ。

「ふ〜疲れたあー」

大輔とダイキはまだ遊んでいた。

ー俺ら…2人きり…ー

「タクう〜サンオイル塗ってえ〜」

シートにうつ伏せのアイカはお尻のワレメに食い込んだビキニのパンツのみを履いてるだけだ。

 

姉はヤンママ授乳中28

 

ーくっそお…ケツ揉みしだいてブチ込みてえ!!ー

アイカのムチムチしたお尻が、せっかく目の前にあるのに何もヤれなくて悔しがる。

タクヤはドキドキが止まらない。

このままアイカと一緒にいたら、今にも襲ってしまいそうだからだ。

サンオイル塗りのついでに、飲み物買いも頼まれる。

タクヤがアイカに頼まれた飲み物を買って戻って来ると…

「ねえ…ねえ彼女〜」

なんとアイカは男たちにナンパされていたのだ。

困っていたアイカはタクヤが戻って来たことに気付く。

急遽、タクヤに腕を組み彼氏に仕立てる。

「こういうコトなんで〜」

見た目が弱々しいタクヤを見た男たちは全く引く様子もない。

しつこくアイカを誘い、手首を掴んで連れて行こうとする。

ーお…俺がなんとかしないと…ー

男たちが怖いタクヤは心の声が表へ出せない。

言えないでいると…

「俺の女になに手え出してんだ!!」

勢いよく助けにやって来たのは強面の大輔。

男たちは一目散に逃げて行った。

何事も無かったかのように大輔はダイキの所へ戻っていく。

ー…格が…違う…!!ー

自分とは比べものにならない、姉貴の見込んだ男に感心させられた。

すっかり元気がなくなったタクヤを見てアイカは考えた。

ー…しょうがないヤツだな…ー

「あっちでちょっと泳ごうか?」

アイカの誘惑、一度ヤってみたかった海のア・オ・カ・ンって?…

 

姉はヤンママ授乳中24

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家〜熱海

 

姉はヤンママ授乳中in熱海 第2話「ねぇここでシてみない?」非日常感で脳内麻薬ドバドバ海中セッ○ス〜ネタバレ

 

「姉貴、どこまで行く気だよ?」

アイカは人気がない場所へどんどん進んで行く…

「ここでシてみない?」

「はあ!?」

アイカの思わぬ言葉にタクヤは驚く。

「一度ヤってみたかったんだよね〜海で、ア・オ・カ・ン…」

岩場の影でお尻を突き出すアイカ。

しかし、人に見られるかもしれないと思うタクヤはその気になれない。

「絶対気持ちいいよー」

アイカに言われてやっとその気になったタクヤは、勃起したチ○ポを海の中で立ちバック挿入。

 

姉はヤンママ授乳中61

 

「タクのチ○ポ…熱い…」

浮き輪をはめていたアイカは身体が浮いてきてオ○ホに挿れてるようだ。

「あん…あッ…あッ…」

海の中でのセッ○スはスリルと開放感がたまらない。

「うんッ…あ〜…イク…イク…」

「うおおおー!!」

冷えた子宮に染み込んでくる熱い精○。

出しても収まらない勃○

「すごい…駅弁なんてえ…」

姉と弟は昔を語り合いながら…

また、交尾に夢中になる海中セッ○ス…

 

姉はヤンママ授乳中21

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家〜熱海

 

姉はヤンママ授乳中in熱海 第3話「タクの舌しょっぱい」海でも温泉旅館でも!?小悪魔な姉に弄ばれて ネタバレ

 

「ナンパから守ってくれて…アリガト…」

ー男心を弄びやがって…ー

「あッあッん〜…」

「姉貴い…!!イキそ…」

「あ…あたしも…イっちゃ…」

 

姉はヤンママ授乳中44

 

舌を絡めあうキスをしていると…

「かーちゃん、みっけ!」

ダイキに見つけられてしまった姉弟。

「…かーちゃんとタク兄、ちゅーしてた?」

「タクが溺れちゃってさ〜」

慌てる2人は、人工呼吸だと言ってごまかした…

夕方になり旅館へ戻ると…

夕食前に温泉に入り、のぼせそうになったタクヤは大輔とダイキより先に部屋へ戻って来る。

部屋には風呂から上がったアイカが、ユースケにおっぱいを飲ませていた。

「母さんと父さんは?…」

両親がいないと思ったら興奮が高まってきたタクヤ。

「夕食までデートしてくるって…」

誰も他にはいないと思ったらタクヤの興奮はさらに高まる。

「アンタも飲みたいの?…お風呂上がりのミルク」

乱れる浴衣から、大きな両胸とノーパンのお尻をさらけ出してタクヤに見せつける。

そして…

湯上がり姉と贅沢な授乳プレイへ…

 

姉はヤンママ授乳中27

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家〜熱海

 

 

姉はヤンママ授乳中in熱海 第4話 「皆が寝るまで我慢して」姉の浴衣を剥いて湯上がりたまご肌を貪りエッチ〜ネタバレ

 

「姉貴ッ…姉貴ぃ!…」

「もうっ、ほんと好きだよね〜お姉ちゃんのオッパイ!」

授乳後のおっぱいにしゃぶりつく弟。

海の中で散々ヤりまくったのにまた勃○

お風呂上がりの姉の身体はすべすべしてイイ匂いする。

勃○したチ○ポを姉のお尻にスリスリと擦り付けると気持ちいい。

「もぉぉ…ヤルなら早く挿れちゃってよ〜」

大輔やダイキたちがそろそろ戻って来るかもしれない焦りもあって急かす。

「ええ?手でしてほしいって?」

弟は姉のおっぱいを吸い続け、姉は弟のチ○ポを手コキする。

「んぐっ!んぐっ!」

「温泉効果でいつもより敏感になってる?」

ー姉貴のケツ…赤ちゃんみたいにたまご肌で柔らかい…ー

姉の肌の中にチ○ポが沈み込んでいくような快感だ。

「コラ!そんなに激しく吸っちゃ…!」

ーはっ…はっ…はっ…ー

姉のおっぱいを吸い続ける弟。

チ○ポをお尻に擦り付けられ手コキさせられてる姉は…

「オ○ホじゃないっての!」

ヤンママ

手コキしていたらチ○ポはビクついて射○しそうだ。

「まさか、ぶちまける気じゃ!…」

吸い付いているおっぱいから全く離れようとしない弟。

姉の母乳を飲みながら射○する。

「もう…こんなにザー○ンぶっかけて〜…」

温泉に入ったばかりの肌をベトベトにされてしまった。

この後、ダイキたちが部屋に戻って来て…

家族で旅館の豪華な夕食を食べた後、姉は息子たちを寝かしつけるために奥の寝室に行った。

両親と大輔はまだ居間で晩酌を続けていた。

この隣の部屋で…

「ちょっと…みんなが寝るまで我慢して…」

姉とユースケが眠っている布団に潜り込んで来た弟は、おっぱいに吸い付いてきて挿入もしてきた。

「すぐ向こうに旦那もいるのに…信じらんない…」

ーあっ…はッ…はッ…ー

「大丈夫だって…姉貴が大きい声出さなければさ…」

しかし、マ○コを弄られク○を弄られおっぱいも吸いつかれる。

「ダメ…声出ちゃうからぁ…」

ーンッ…ンッ…ンッ…ー

気持ち良くて感じている姉は漏れそうになる声を必死に我慢する。

「ねーちゃん…ねーちゃん…」

ーはー…はー…はー…ー

その後、寝静まった家族の隣でまた始まる姉と弟のセッ○スに…

 

姉はヤンママ授乳中1

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家〜熱海

 

 

姉はヤンママ授乳中in実家 第1話「なんなら飲んでみる?アタシのおっぱい」晩酌中に酔った勢いで俺と姉貴は…ネタバレ

 

弟のタクヤは、実家暮らしの大学2年生。

就活はまだ先、家賃の苦労も無いため気楽な学校生活を送っていた。

しかし、そんなタクヤでも一つの悩みがあった。

それは25歳の姉、アイカの存在。

10代の時、元ヤン同士で結婚したアイカは2人目の子供を出産。

子育てのために実家へ帰って来ていた。

「タクー、コンビニでコーラ買ってきてよ」

「はあ~?自分でいけよ…」

元々ガサツな性格のアイカは、弟の前でも平気でおっぱいをさらけ出して授乳している。

「うわ…でか…」

 

姉はヤンママ授乳中3

 

「あんたも飲むう?」

毎日のように全裸のパンツ1枚で上の子供を追いかけまわす姿や、子供を産んでから一層ガサツさが増した姉は、タクヤにとって頭の痛い存在だ。

ただ昔の姉とは違って妙な色気を感じ、何故か女として見てしまうタクヤ。

子供を産んで尻も大きくなり、ムチムチの身体はエロくて人妻の魅力が溢れ出ている。

そんなある夜、姉と弟の2人きりで酒を飲んでいた。

「いっつもノーブラだし、所構わず授乳するし…」

酔いが回ってきたタクヤは、普段の不満を話し始めた。

だが、タクヤを全く男扱いしない姉は、いくら言っても笑ってバカにするだけだった。

「飲んでみる?アタシのおっぱい」

「…飲む…」

冗談で言ってきた姉の言葉に、溜まっていたタクヤは本気で答えたのだ。

酔った勢いで姉に授乳してもらうことになった弟。

乳首に吸い付いたら、当然授乳だけで済むはずがなく…

「姉きい…!」

高まった性欲は止めることは出来ず、そのまま姉を押し倒して…

 

姉はヤンママ授乳中in実家

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家〜熱海

 

姉はヤンママ授乳中in実家 第2話「ダンナのよりちょっとおっきいかも♪」弟チ○ポミルクを飲んじゃう姉がエロすぎて〜ネタバレ

 

「ダンナのよりちょっとおっきいかも〜…」

下半身丸出しで勃起したチ○ポに興奮するアイカ。

「あ…姉貴…コレはちょっとヤバいって!」

隣の部屋で両親が寝ているためタクヤは焦り出す。

「ビビってんのかよ!」

乳首吸わられっぱなしのアイカは仕返ししてやろうとする。

勃起しているチ○ポがピクつくのを面白がって眺めていた。

酒が入って酔っ払っているアイカの荒い息がチ○ポの亀○に当たって余計にピクつく。

「おい姉貴!何触って!…」

見ているだけでは我慢できなくなったアイカはチ○ポを掴んでシゴき始めた。

勢いが止まらないアイカはチ○ポをパクッと咥えてしまう。

「あうッ!!」

アイカの舌がチ○ポに絡みつき、亀○が喉の奥に当たる。

元カノにヤってもらったフェ○とは全く違って気持ち良い。

「さすが、人妻!…」

次にアイカは、歯でチ○ポを甘噛みしながらほっぺに人差し指を立ててグリグリし始めた。

ほっぺ越しに亀○を指先で刺激する。

「ああ…これヤベえ…」

アイカの夫が好きな行為を弟にもヤってみたら、タクヤは気持ち良くて仕方ない。

義兄とアイカがいつもこんなスケベな事しているのかと思ったら、タクヤは悔しくてたまらなくなる。

アイカはタクヤをそろそろイカせてやろうとフェ○する速度を早めた。

チ○ポが喉の奥に当たりまくり、口の中に張り付くバキュームのようだ。

 

姉はヤンママ授乳中2

 

全くえづきもしないアイカのフェ○に感心するタクミ。

色々な男と付き合ってきた元ヤンのアイカは、今までどれだけのチ○ポを咥えてきたのか…

「コイツの…シンドイわ…」

アイカのテクニックに感心しているタクヤだが、アイカは真逆の事を考えていた。

いつもよりデカいチ○ポを咥えているアイカはもう疲れていた。

「姉貴…お…俺、もう…」

気持ち良すぎて精○が一気に出てしまったタクヤはアイカにティッシュを取ってもらおうとすると、まだチ○ポを咥えていた。

アイカはタクヤの出した精○を飲んでいたのだ。

おっぱいを沢山吸われた分、最後の一滴まで飲み干してやろうとチ○ポに吸い付いていたのだ。

「へへ〜ごちそうさま〜」

アイカは姉貴で人妻で子持ちなのに、超エロい顔しているからタクヤのチ○ポはまたビンビンになってしまう。

もう寝ようとしたアイカをタクヤは押し倒す。

「こらタク!さすがにダメだって!」

さすがに姉弟でセッ○スはシャレにならないと言ってタクヤを止めようとするアイカ。

しかし、アイカは身動きがとれない。

子供の頃は弱かったのに、いつの間にか力強くなった弟の腕力に驚く。

ここまできて我慢なんて出来ないタクヤは興奮が高まっていくばかり。

「…落ち着いて…」

アイカはチ○ポの挿入を何とか止めようとするが…

「ダメ!…あっ…あああー!!」

等々、膣内出ししてしまった姉と弟は禁断の関係に…

 

姉はヤンママ授乳中11

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家〜熱海

 

姉はヤンママ授乳中in実家 第3話「近親とかAVの中だけかと思ってたわ」眠る家族の側で人妻マ○コに膣内出し〜ネタバレ

 

「姉貴のマ○コに入った!ついに…」

「アンタ…本当に挿れるなんて…」

生挿入したタクヤのチ○ポは膣内の再奥まで届いていた。

隣の部屋では息子たちが眠っている。

アイカは、このまま動かされたらヤバいと思っていた。

「早く抜いて!!」

タクヤは気持ち良すぎて、チ○ポを抜くどころか腰を振りだした。

「まるでレ○プ…」

「姉貴のマ○コすげえ〜…」

チ○ポの先から根元まで締め付けられ、とても子供2人産んだ穴とは思えないほどだ。

タクヤのチ○ポはアイカの弱い所ばかり突いてくる。

アイカは感じすぎて喘ぎ声が出そうになるが、家族にバレないよう必死に手で口を抑えた。

奥から溢れ出てきた愛液でマ○コはグチャグチャ。

元カノと比べ物にならない姉のマ○コにタクヤは夢中になる。

さらに、デカいおっぱいとムチムチな身体。

アイカの方も、旦那より弟のチ○ポが相性良すぎて感じまくる。

タクヤの激しい腰使いにアイカは思った。

「まさか、膣内に出す気じゃ!?…」

「ねーちゃん!…」

 

姉はヤンママ授乳中5

 

「ダメッ!!あー…イク…」

姉の膣内に生出しした後、我に返った弟は謝るしかなかった。

「実の姉レ○プするとかって…お前…」

落ち込むタクヤにアイカは笑って接してやる。

「近親相姦とか、AVの中だけかと思ってたっ」

今日の事は2人だけの秘密という事で終えたが…

そのあと数日が経ち、何事も無かったかのように過ごす姉と弟。

しかし、タクヤはアイカの事をエロい目でしか見られなくなっていた。

しかも以前より性欲が増していく日々を送っていたのだ。

タクヤの視線を意識するアイカはズボンを履くようになっていた。

だがズボンは、アイカの大きくてムチムチのお尻を余計に目立つ事になりエロさを増長させ、タクヤの性欲が増す要因にもなっている。

我慢の限界になってきたタクヤはアイカの背後に立ち、大きなおっぱいを両手で鷲掴みした。

「!あっ…ばか!やめ…」

興奮状態のタクヤはアイカの服を捲り上げ、生でおっぱいを揉み始める。

「やっぱ、俺ガマンできない…またヤらせてくれよー!」

拒み続けるアイカのお尻に当たるタクヤの勃起したチ○ポ。

セッ○スしたくてたまらないタクヤはアイカに頼み込んだ。

我慢の限界のタクヤはアイカのズボンを下げてしまった。

「このまま穴だけ使わせて!」

溜まった性欲を抑えきれないタクヤは子供がいる目の前で生挿入を…

 

姉はヤンママ授乳中in実家

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家〜熱海

 

 

姉はヤンママ授乳中in実家 第4話「パパ以外にイかされちゃうママを許して」家族に隠れて浮気セッ○スに耽る日々〜ネタバレ

 

ベビーベッドにいる赤ちゃんのユースケが見ている前で…

「ま、まさか…アンタここで!?…」

アイカが抵抗する間もなく、タクヤは無理やり立ちバックで挿入してきた。

ーまた、弟のチ○ポ挿れられちゃった…ー

「姉貴のマ○コ、ヤバ…すげえ…」

無理やり挿れられたアイカは、悔しがりながらも弟のチ○ポと相性がイイことを実感する。

チ○ポを挿れる前からマ○コの中は濡れまくっていたことに…

「姉貴も俺とヤりたかったんだろ?」

「早く抜きなさい…」

アイカにそう言われて、タクヤは早く済ませようと腰の振りが早く激しくなる。

 

姉はヤンママ授乳中5

 

「コイツ、全力でガン突きしやがって!」

激しく突かれるアイカは気持ち良くて感じまくる。

ベビーベッドの柵を掴んだ状態のアイカは、赤ちゃんをあやしながらタクヤに突かれた。

タクヤのチ○ポは子宮口をゴリゴリと擦られて気持ちが良い。

「あッ、あッ、ヤバい…」

「姉貴!…中で出すよ!」

中出ししたチ○ポはまだ中でビクついている。

アイカはタクヤのチ○ポがクセになりそうなくらいの快感を味わった。

「何また、中出ししてんだよ!」

気持ちとは、ま逆の言い方をするアイカ。

「ゴメン…つい…」

しかし…

「ちゃんとゴム付けてよね…次からは…」

「えっ?…」

以外すぎる事を言ってきたアイカにタクヤはビックリするが大喜び。

「う…うん!」

「ダンナには絶対秘密だからな!」

そして…

この日は家族みんな家を空けているため、2人は思う存分セッ○スを楽しむ。

「タク、すっごい!」

「姉貴…姉貴…」

セッ○スに励んでいるとユースケがグズり始めた。

「…おっぱいの時間だ…」

セッ○スの途中でチ○ポを抜いてもらい下半身露出したまま授乳を始める。

 

姉はヤンママ授乳中1

 

ユースケをあやすアイカにエッチのおねだりするタクヤ。

「さっき、したばっかじゃん!」

家族が帰って来る前に、布団の片付けをタクヤに手伝ってもらおうとするが、そこでもセッ○スが始まってしまう。

「あーまたタクにイかされちゃった…今日、何度目だろう…」

アイカはタクヤのチ○ポにハマってしまっていた。

タクヤもアイカのマ○コが良すぎて、あと一回のセッ○スを頼み込むが…

「ただいまあー」

息子のダイキと母親が帰って来てしまった。

「え?ウソ?やっべ!」

まだ全裸状態の2人は焦りまくる。

「服、服!」

家族には…

布団の片付けをしていたと言って何とか誤魔化す事が出来たが…

 

姉はヤンママ授乳中in実家

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家〜熱海

 

姉はヤンママ授乳中in実家 第5話「世話のかかる赤ん坊だな」旦那と会話中も弟に授乳手コキしちゃうビッチ姉〜ネタバレ

 

火曜日以外、時間の無い日などは全裸でアイカの膝の上に横たわり、おっぱいに

吸い付きながらフェ○や手コキで性処理してもらう事になったタクヤ。

「授乳手コキって、変態AVの見過ぎでしょ…」

アイカは傍で眠っているユースケの寝顔が可愛くて、写した写真をダンナにLINEで送った。

ー姉貴のやつ、俺のチ○ポ抜きながらダンナと話やがって…ー

ムカついたタクヤは思いっきりおっぱいに吸い付き、力強く鷲掴みした。

「も〜…ちゃんとしてあげるから、サッサと出しちゃいな…」

早く射○させるためにアイカは手コキを早めた。

「思いっきり出しな!…」

すると、手が火傷しそうなぐらい熱く感じる精○が吹き出てきた。

ー相変わらずザー○ンの量多いなコイツ…ー

出てきた精○をティッシュで拭き取る後処理もアイカが拭き取ってやった。

 

姉はヤンママ授乳中7

 

「ったく〜世話のかかる赤ん坊だな〜」

しかしこの後、本番もヤりたいとねだってくる。

即座に却下したアイカは、更に長男のダイスケが夏休みに入るからヤれないと伝える。

「…え?」

それから夏休みが始まって一週間が経ち…

「かーちゃん遊ぼう〜」

アイカの側には常にダイスケがいた。

全く手出し出来ない状況に、タクヤはイライラが募っていく。

露出度高めのアイカの服をダイスケがふざけて引っ張ったらおっぱい丸出しだ。

その様子を遠目で見ていたタクヤは悔しがる。

「あああ〜…くそお…」

ーもう…限界だ…ー

真夜中みんなが寝静まった頃、息子とアイカが眠っている部屋へ忍び込んだタクヤ。

ー…姉貴…ー

寝ている姉のズボンとパンツに手をかけて…

 

姉はヤンママ授乳中3

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家〜熱海

 

姉はヤンママ授乳中in実家 第6話「私、母親がしちゃいけない顔してる!」姉に夜這いして息子の側で膣内出し〜ネタバレ

 

下半身に何かを感じたアイカは、一緒に寝ているダイキが寄って来たと思って…

「た、タク!?」

「姉貴の身体、使わせてもらおうと思って…」

うつ伏せに寝ているアイカのズボンとパンツに手をかけていたタクヤは、そのまま一気に下げてしまう。

「なに脱がしてんの!?」

「限界なんだよ…わかるだろ?」

息子が隣で眠っている所を夜這いにやって来た弟に、さすがのアイカも呆れた。

「穴さえ貸してくれたら、すぐ終わらせるから!…」

「部屋に戻ってオ○ってろよ!」

アイカの身体があって、オナ○ーなんてバカらしいと思うタクヤ。

タクヤは一向に戻ろうとせず、アイカのお尻を揉み始める。

騒がれても困ると思ったアイカは、マ○コを使わせてやる事にした。

「あ!姉貴いー!」

前戯無しでいきなりバック挿入。

「姉貴のマ○コおおー!」

チ○ポがすんなりと奥まで入ったのは、タクヤと毎日セッ○スしてたから濡れやすくなっているんだとアイカは思う。

腰使いが激しくなってくるタクヤに焦るアイカ。

ーこの子達に、こんな所は絶対に見せられない!…

他の男のチ○ポ入れてる所なんて…ー

 

姉はヤンママ授乳中10

 

そうは言っても、一週間ぶりの弟チ○ポはやっぱりヤバかった。

油断すれば声が漏れてしまう。

久しぶりの弟チ○ポがアイカの弱い所を突いてきて余計に感じる。

「ねーちゃん…俺…もう…」

「イクッ!!」

息子達の隣で膣内に出されたタクヤの精○。

罪悪感を感じてもやっぱり弟チ○ポの方が…

 

姉はヤンママ授乳中2

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家〜熱海

 

姉はヤンママ授乳中in実家 第7話「こ、これは…プロレスごっこよ!」息子の目の前で弟チ○ポに負けちゃう母〜ネタバレ

 

数日が経ち…

姉と弟は全裸でセッ○スしていた。

タクヤが夜這いに来る前に、精○を抜きに来たと言うアイカ。

「姉貴も俺のチ○ポ恋しかったんだな」

「とっとと、出しちゃってよ!」

舌を絡めあうキスをしながらセッ○スする姉と弟。

そんな時…

「かーちゃん…」

目をこすりながら部屋のドアを開けて来たのはダイキだった。

 

姉はヤンママ授乳中5

 

「!?」

全裸の2人はベッドの上でセッ○スの真っ最中。

「だ…ダイキ?…」

驚きすぎて身体が固まってしまう2人。

「おしっこ行きたくて…タク兄の部屋で何してんの?…」

返す言葉が見つからず顔を向ける事が出来ないアイカとタクヤ。

すると、ダイキの方から言ってくれた言葉で助かった。

「タク兄とプロレスごっこしてんの?」

「そ、そう!!プロレスごっこ!!」

昔よく、アイカにプロレス技をかけられた事を思い出してきたタクヤは腹がたってきた。

怒りが相まって、ダイキが居るのにまた挿入してきたタクヤ。

「かーちゃん、タク兄に負けちゃってるの?…」

早く出して欲しい代わりに、また中出しを強要されるアイカ。

ー息子の見てる前で、中出しされながらイっちゃった…ー

その後、プロレス事件以来アイカとタクヤは少しずつ大胆になっていった。

昼間でも、いきなりアイカのパンツに手を突っ込んでくるタクヤ。

勃起したチ○ポをお尻に擦り付けてくる。

「…ちょっとだけだからね…」

お互いズボンを下げてヤろうとすると…

「ただいまー!」

帰って来た大輔の声にビックリした2人は急いでズボンを上げる。

そして、泥んこになって帰って来たダイキとお風呂に入る事になり…

 

姉はヤンママ授乳中10

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家〜熱海

 

姉はヤンママ授乳中in実家 第8話「シャンプー中は目開けちゃだめだぞ」仲良くお風呂でこっそり生膣内出し〜ネタバレ

 

ダイキとアイカ、タクヤの3人でお風呂に入る事になった。

頭を洗ってるダイキが目を閉じている間、アイカとタクヤは浴槽の中でセッ○ス。

「ダメ…そんなに激しくしたら…」

「かーちゃん、なんか言ったー?」

「目は開けるなよーシャンプー染みるからー」

「ダイキは偉いなあ〜…1人でシャンプー出来て…」

アイカとタクヤは、湯船の中でセッ○スしながらダイキに声かけする。

タクヤはアイカの身体を見て、つくづくエロさを感じた。

 

姉はヤンママ授乳中12

 

2人の子供を産んだメスの身体に感心させられる。

「タク、今度こそ外に出しなさいよ!」

毎回中出しされているアイカは、今日は危険日ということもあってタクヤに念を押した。

「声が…もう…」

「かーちゃん?タク兄と何してるの?」

「タクに、身体を洗ってもらってて…」

腰使いが激しくなっていき…

「ああッ…」

危険日マ○コが気持ち良すぎてタクヤはチ○ポを抜く事が出来ない。

「やべえ…出しちゃった…」

ーコレ、また中で出されてる…ー

お風呂でこっそり生膣内出しされ、今度はお手洗い!?…

 

姉はヤンママ授乳中2

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家〜熱海

 

姉はヤンママ授乳中in実家 第9話「代わりにちゃんと玩具買ってあげてよね」実家のトイレで姉弟援助交際〜ネタバレ

 

トイレの中にはアイカとタクヤが2人で…

「ダイキがテレビ見てる間に済ませるぞ!」

下半身露出のタクヤは便座に座って両足を広げていた。

アイカはおっぱいをタクヤのチ○ポの上に乗せてパイズリ準備。

「これがして欲しかったんだろ?…パイズリ…」

前はおっぱいが汚れるのを理由に、アイカはパイズリをイヤがっていた。

授乳後でもあるし、ダイキにオモチャを買ってもらう事を条件にパイズリをヤってやる事にした。

ーこのシチュエーション…姉貴を金で買ってるみたいで、すげえ興奮する…ー

「男ってアホだよね〜おっぱいでチン○ン挟んで欲しいって…」

赤ちゃんが飲むためのおっぱいを、チ○ポに使うという事に快感を覚えるタクヤ。

ついさっきまで授乳していたおっぱいが、今はタクヤのオ○ホになってることがたまらない。

パイズリが得意だと言うアイカ。

乳首でグリグリされてフェ○よりも気持ちいい。

 

姉はヤンママ授乳中in実家

 

「パ、パイズリフェ○!…」

同時におっぱいの谷間から唾液を垂れ流す。

唾液がローションのようになって気持ち良さが倍増する。

AV女優のようなテクニックに驚くタクヤ。

「うう…激しい!…」

姉貴のエロい顔と上手すぎるパイズリが気持ち良すぎてもう限界。

ーまだ堪能していたいのに…ー

「出るッ!!」

おっぱいの間でビクビクするチ○ポ。

「全部飲み干さないと…おっぱいに精○の臭い付いちゃう…」

タクヤの中である疑問が湧いた。

ー息子のオモチャを買ってもらうためにこんなスケベな事、積極的にしてくるって…ー

ヤンキー時代に援交していたのか?などと思ったタクヤはイラ立ち始め、いきなり立ちバックを始める。

「ちょっと、タク…待って…」

「昔はウリとかしてたんだろ!」

イラ立っているタクヤは腰使いが荒くなっていく。

そんな中…

「かーちゃん、入ってるの?おしっこ!」

「ダイキ?…」

扉の向こうにはダイキが来ていた。

おしっこを我慢するダイキと精○が出そうなタクヤ。

「もう出ちゃうよお〜」

「オレも…出る!!…」

ー弟に…トイレで…また中出しされちゃった…ー

「…かーちゃん…もらしちゃった…」

トイレの前で待っていたダイキは、我慢しきれず遂に漏らしてしまう。

「ご…ごめんね…ダイキ…」

タクヤにオモチャを買ってもらってダイキの機嫌取りだ。

そして…

ビニールプールに入りながら甥っ子の協力でかーちゃんにイタズラする?…

 

姉はヤンママ授乳中5

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家〜熱海

 

姉はヤンママ授乳中in実家 第10話「まだまだアタシもイケてるっしょ」むちむちビキニ人妻ボディを貪り放題〜ネタバレ

 

アイカとダイキは、タクヤが用意したビニールプールに入っていた。

ビキニを身に付けていても、ムチムチした肉体がハミ出ていてほぼ全裸状態のアイカ。

「極楽、極楽…」

「かーちゃん、せまーい!」

妊娠してからプールに行けてなかったアイカは、小さなプールに大の字になって入っていた。

「肩でも揉んでやろうか?」

珍しく気が利くタクヤに肩を揉んでもらっていると、おっぱいを揉み始めた。

「あー!かーちゃんにエロいことしてる〜」

「これはマッサージだよ」

気持ち良さそうにしているアイカの顔を見てダイキはタクヤの言葉を信じた。

「あの鉄砲でおっぱい撃ってあげなよ」

 

姉はヤンママ授乳中4

 

「え!いいの!」

ダイキは、おっぱい目掛けて水鉄砲を撃ち始めた。

「ちょっと、やああ…」

「次はココのぽっちを狙うんだぞ」

タクヤの指示通り、次にダイキはアイカの乳首目掛けて水鉄砲を撃ち始める。

「マジでタンマ!あッ…」

タクヤにおっぱいを揉まれ、ダイキから乳首を水鉄砲で撃たれると刺激となってアイカのマ○コがキュンキュンしてくる。

感じてきたエロい顔と息が荒くなってきたアイカを心配するダイキ。

「…かーちゃん…ごめん…だいじょうぶ?…」

「すまん姉貴、俺も悪ふざけがすぎた…」

ーまさかイクとは…ー

プールにダイキを残し、許せないタクヤを家の中に引っ張り込んだ。

「どうせガマン出来ないんだろ?」

部屋に入った2人は立ったまますぐ挿入、セッ○スが始まった。

プールの中で中途半端にイってしまったことに不満を漏らすアイカ。

「実の息子にイかされるとか…」

息子がいるすぐ側でセッ○スに励む姉と弟。

ダイキに喘ぎ声が聞こえないようにキスで口を塞ぎ合う。

ー結局、また中出し…ー

アイカは以前よりも積極的にタクヤを誘うようになっていく。

「そんなに俺とセッ○スしたいの?」

ーこんな日々が続くと思っていた矢先…ー

「元気だったか、オマエら!」

「とーちゃん!」

お盆休みでやって来たアイカのダンナ。

来ることを何も聞かされていないタクヤは、突然やって来た義兄の大輔に青ざめる。

「そろそろ3人目つくろっか?」

アイカと大輔がイチャつきすぎてタクヤはイライラしていた。

しかも、部屋から聞こえてくる姉の喘ぎ声。

「くっそおー…」

タクヤはつくづく思った。

アイカは大輔のものなんだと…

そんなある日…

子育てに疲れているアイカを気遣い、家族達は丸一日出掛けることになったが課題の勉強をするタクヤだけ家に残った。

「…タク?」

「姉貴!!」

我慢していた性欲が爆発したタクヤはアイカを押し倒す。

課題の勉強は口実でアイカとセッ○スしたくて家に残っていた。

誰もいない家の中で、姉と弟の動物のような激しい交尾に…

 

姉はヤンママ授乳中15

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家〜熱海

 

姉はヤンママ授乳中in実家 第11話「弟とマジの子作りしちゃってる」ヤンママ姉の3人目の子供の父親は…ネタバレ

 

「姉貴いいッ!…」

溜まっていた性欲を絞り出すように激しい交尾が始まった。

「ああ…んんん…」

最近は毎晩のように大輔とセッ○スしていたのに、タクヤにバックで挿れられただけでマ○コがキュンキュン、すぐイってしまう。

ーやっぱり、コイツのチ○ポ…全然違う…ー

タクヤも久々の姉貴マ○コに挿れて間もなく射○。

「一回出して落ち着いたでしょ、服とか片付けてからさ…」

いきなり家族が帰ってくるかもしれないと心配をするアイカは服を片付けて奥の和室でヤる提案をするが、タクヤは言う事を聞かない。

「いやだよ!一秒だって長くセッ○スしていたいんだ!…」

動物のように激しく突きまくるタクヤ。

中出しした後にも関わらずチ○ポで膣内を掻き回す。

「妊娠しちゃうからあ〜」

「お…俺、姉貴のこと孕ませたいっ!」

更に加速する腰使いが、本気で妊娠させたがっているヤバさを感じる。

「あ…あ…イク…イク…」

 

姉はヤンママ授乳中5

 

ー今までで一番濃くて熱いのが、最奥で出てるー

ーコレ絶対受精させられるやつだ…ー

和室に場所を変えてまたセッ○スする。

「姉貴い…」

おっぱいを吸いながら突きまくって、また中出しする。

ーもう何度目だろ〜お腹の中…ー

アイカの腹の中はタクヤの精○でいっぱいだ。

「まだスルの?…もういい加減に…」

「俺のチ○ポと大輔さんのチ○ポ、どっちが気持ちいい?」

ダンナと言うアイカに悔しがるタクヤは、また激しく突いてくる。

ーオマ○コ壊れちゃう…ー

「大輔より、アンタの方が気持ちいい…」

ダンナの所へ帰らず実家にいてほしいタクヤ。

そして後日…

妊娠検査薬で調べたアイカがトイレから出てくると…

「姉貴…ど…どうだった?…」

「やっぱり当たってたね〜」

青ざめるタクヤに、

「アンタとダンナ血液型一緒だから大丈夫!〜」

ヤンママ姉の3人目の子供の父親は、本当に弟になってしまった…

 

姉はヤンママ授乳中11

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家〜熱海

 

姉はヤンママ授乳中in実家 感想

 

姉と弟の過激なセッ○スシーンが満載で近親相姦モノ好きにはたまらない。

エロすぎる姉の肉体に欲情してしまう弟に共感。

肉体相性抜群の不倫関係に発展する様々なプレイに興奮する。

家族の目を盗んで姉弟のセッ○スが実家の中で繰り広げられるエッチシーンは刺激的。

エロい内容が豊富で読み応え充分。

肉感、肌の質感など上手く描かれている生々しさに興奮度マックスで楽しめる。

 

姉はヤンママ授乳中in実家

無料立ち読みはこちら
姉はヤンママ授乳中in実家

 

こんな漫画も読まれています

カラミ 1

  ▼無料立ち読みはこちら▼ カラミざかり 男女4人一緒で初体験!?     カラミざかり〜登場人物 ●山岸高成 男子生徒 イケメン 里帆に片思い中 ●吉野貴史 男子生徒 ...

姉はヤンママ授乳中 2

  ▼無料立ち読みはこちら▼ 姉はヤンママ授乳中in実家~熱海   姉はヤンママ授乳中in実家~熱海 登場人物 ・姉 ヒロインのアイカ25歳 子供2人 タクヤの姉 元ヤンキー ・弟 ...

事故物件×留学生 3

▼無料立ち読みはこちら▼ 事故物件×留学生   事故物件×留学生 ネタバレ   主人公サーニャは、この春から日本の学校に通うために引っ越してきた。 住まいは前回来日した時に決めてあ ...

4

▼無料立ち読みはこちら▼ ウチの弟マジで デカイんだけど見にこない?   ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? 登場人物   ●弟(千秋の弟) なおくん チ●コが大きいのが悩み ...

姉の妊活 5

  ▼無料立ち読みはこちら▼ 姉の妊活は俺との 汗だく種付け貪り交尾     姉の妊活は俺との汗だく種付け貪り交尾〜登場人物   ●タクヤ 主人公 ヒトミの弟 ...

デリバリー 6

  ▼無料立ち読みはこちら▼ 《デリバリーな少女》で検索 デリバリーな少女の絵本     デリバリーな少女の絵本 登場人物 ●山田 教師 中肉中背でイケメンにはほど遠い顔 ...

弟の恋人 7

  ▼無料立ち読みはこちら▼ 弟の恋人が 昔調教した元カノだった   弟の恋人が昔調教した元カノだった 登場人物   ●弓倉葵(ゆみくらあおい) 女学生 慎司の元カノ(弟 ...

夫は獄中、一方妻は6 8

▼無料立ち読みはこちら▼ 夫は獄中、一方妻は…     夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~ 登場人物   ●石田碧衣 ボロアパートに1人息子(たかし)と住 ...

-姉はヤンママ授乳中

Copyright© 人気コミックのネタバレと感想 , 2018 All Rights Reserved.